大病院勤務の薬剤師が転職した経験談

薬剤師から病院内の勤務に転職

これまで調剤薬局で薬剤師として働いてきたものの、調剤薬局で病院から処方箋を手にした患者と向き合っているうちに、より一層患者さんと近い距離で接しながら力になりたいという気持ちが強くなっていきました。 そのような日に日に強くなる患者さんにさらに寄り添った仕事がしたいという気持ちを実現させるべく、目を向けたのが病院への転職でした。 病院に転職すれば薬剤を処方する事のみならず、患者さんとますます密接にコミュニケーションを取ってケアをする事ができると考えた上に、病院で勤務した後に薬剤師として調剤薬局で働くという働き方をしている方々は、皆薬剤師のみとして働いている自身には持ち合わせていない知識や技術を有していたためです。 そのような理由から薬剤師から病院での勤務に転職する事を決意した際に選定基準にしたのは、しっかりと成長できるように教育環境や設備が整っている病院の中から選定する事です。 個人的に様々な情報を収集し調べていきましたが、これまでの薬剤師とは異なる分野という事もあり、尚一層詳しい情報を得るべく転職についてアドバイスを頂けるアドバイザーにもお世話になりました。 アドバイザーというプロの立場から様々なアドバイスや指導、情報提供をして頂く事ができ今では病院内で薬剤師の知識を用いながら理想的な仕事が行えています。

大病院の薬剤師だったが体力的にきつくなり転職を決意 : 患者さんへの服薬を行いたいとドラッグストアに転職 : 在宅での療養に少しでも力添えしたい : 薬剤師から病院内の勤務に転職