大病院勤務の薬剤師が転職した経験談

患者さんへの服薬を行いたいとドラッグストアに転職

研究機関での仕事に惹かれるものがあったことは事実ですが、ただ自分が本当にやりたいことは研究よりも患者さんの服薬をしっかりと確実に行うことで、その病気やけがが早く治って欲しいと思うことだったので、研究ではなく現場での仕事をメインに据えたかったです。
そのことから、調剤薬局での勤務で薬剤師として転職が可能かどうかを調べ始めました。
幸い、この地域での就労先はあまたありまして、調剤薬局でも医療機関のすぐそばにあるいわゆる門前薬局や、ドラッグストアに併設されているところもあって、多くの募集があるようでした。

門前薬局の場合はそのそばにある医療機関からの処方箋を中心に受け付けるわけで、最初に慣れてしまえば後は慣習で行きやすいことがメリットに思えました。
すぐそばの医療機関からの処方箋が中心になってそれ以外のところからは、それほど多くは来ないので楽と言えば楽です。
勤務時間も、医療機関に合わせるような形になるのが一般的だと言うことは知っていました。
ただ近隣にはドラッグストアがあってそちらでも処方箋を受け付けていることから、競合をしているようです。
門前薬局は医療機関に来る患者さんが減ると同じように来客が減るので、暇すぎるところは避けたかったことがあります。

大病院の薬剤師だったが体力的にきつくなり転職を決意 : 患者さんへの服薬を行いたいとドラッグストアに転職 : 在宅での療養に少しでも力添えしたい : 薬剤師から病院内の勤務に転職